英語ができるだけじゃダメ|キャリアブランを立ててネイリスト求人に応募しよう!
レディ

キャリアブランを立ててネイリスト求人に応募しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語ができるだけじゃダメ

メンズ

有利になる条件とは

貿易事務は貿易に携わる仕事の事務を行うものです。貿易の仕事と言われるとなんだか難しそうに感じるかもしれませんが、実際には輸出や輸入、通関に関する書類を作成するのが主な業務内容になります。しかし通常の事務職と貿易事務の違いは、英語のスキルが求められることです。貿易事務の取引先となるのは主に海外の企業のため、英語でのメールのやり取り、緊急の場合には電話での連絡が必要となりますので、読み書きだけではなく実際に英語を話すことができるスキルがある人が転職の際にも有利に働くと言われています。また、英語が話せなくても貿易事務に転職するときに有利に働くのは営業事務の経験がある人や、コミュニケーションスキルの高い人だと言われています。

自分が「やりたいこと」は

貿易事務に転職したいという場合には、英語に関する資格を取得している、海外に留学経験がある、営業事務の経験がある、人とのコミュニケーションをとることが得意だ、というのは確かに大きなアピールポイントとなります。しかしどの職業でもそうですが、面接時などにこの職業に転職を希望している理由というのを聞かれた場合に、現在では英語が話せる人が希少というわけではありませんので、「英語が使えるから」「英語を使った仕事をしてみたいから」という理由だけでは合格はなかなか難しいと言われています。英語を使えるという点以外にもこの職業を通して、どのようなことを行っていきたいかなどの理由を明確に言えることが重要となります。